昨今、不動産の「経営」が「所有」とは別のファクターとして注目を浴びています。不動産の「経営」とは、多くの場合、「建物の管理運営」を指し、新しい概念としての「建物サービスビジネス」が要請されています。大きくはビルメンテナンスからビルマネジメントへ、個々のサービスもテナント仲介からリーシングマネジメントへ、設備保守からファシリティマネジメントへ、営繕工事からコンストラクションマネジメントへ・・・
単に「必要だから実行する」のではなく、それぞれが効率的な「経営」という目的に沿って的確になされなければなりません。
大きな投資である建物の建設費も、そのLCC(ライフサイクルコスト)のわずか四分の一を占めるに過ぎないと言われています。所有にかかる税負担等を考慮しても、経営上の管理コストは大きく、これを最適にコントロールする重要性については論ずるまでもありません。
しかし、目先のキャッシュフロー・パフォーマンスを重視するあまり、必要以上に管理コストを圧縮しては、結果として資産価値を下落させるリスクを負うこととなります。

technology for property & facilities 私たちの技術は資産価値の維持・向上と、施設の適正管理のためにあります。

私たち、 サンユー・ビルマネジメント はこれまで培ってきた高い専門性を礎に、マネジメント技術・効果の高いサービス・迅速性を低コストで提供いたします。



株式会社 サンユー・ビルマネジメント
Copyright (C) 2004 Sanyu building management Corporation. All Rights Reserved.